リフォームを考える

雪の中の戸建て住宅

今まで賃貸物件に住んでいた人が、何らかの理由で一戸建てに住みたいとする場合、新築がいいのか中古がいいのか迷うところです。
それぞれメリットとデメリットがありますがその両方を比較衡量することで判断するしかありません。
新築の良いところは、見た目も中身も新しい家に住めることが一番のメリットですが、なんといっても耐用年数が長いことです。
よほど欠陥住宅でない限りリフォームをしながら50年は住めると言われています。
一方中古住宅は価格が安いところに尽きます。
築20年の家もリフォームして住むことで間取りを新しくすることが出来、新築とほとんど変わらない状態になります。
最近の傾向としては、人口減少に伴い、誰も住んでいない家が増えていることから価格もお手頃な中古住宅が流行ってきているようです。

一戸建てに住む場合には長いローンを払っていかなくてはいけないので、先々のことを考えて行動しなくてはなりません。
そこで判断基準のひとつして、今度価格はどのようになっていくかを知っておきましょう。
最近の傾向として資材の値上がりしているのです。
資材が値上がりすれば新築住宅を購入することは金銭面で負担が大きくなります。
また、2020年の五輪により資材が不足する傾向があると分析されています。
これに対し、中古住宅は値下がりの傾向があります。
中古住宅が値下がりする理由は、人口減少や少子高齢化が進んだことで、今まで一軒家に住んでいた老人が家を手放すことが増えたのです。
子供たちがいればいいですが、それでも家を継ぐという考えは薄れてきているのです。
よって価格が下落するでしょう。